So-net無料ブログ作成
検索選択
南極観測船 宗谷 プラモデル ブログトップ

南極観測船 宗谷 プラモデル [南極観測船 宗谷 プラモデル]

第二次越冬を断念し15頭の樺太犬を昭和基地に残して
宗谷は日本に向け出発します。

このことが問題視され第三次観測隊の見送りも検討されますが、
翌年第三次隊は南極へ派遣されます。
そして第三次越冬隊は置き去りにした15頭の樺太犬のうち、
兄弟犬「タロ」と「ジロ」が生存しているのを発見、再会します。
他の13頭は行方不明または鎖に繋がれたまま餓死した状態でした。

初代南極観測船「宗谷」はこの後も日本と南極を往復し、
1961年まで6次に渡り南極観測業務に従事することになります。
その度に改修・補強を受けていますが特に第三次の改装では、
大型ヘリコプターによる航空輸送力の強化に力が注がれて、
それまでより大型の発着用甲板が増設されています。
これにより悪天候により宗谷が基地に接近できない場合でも
人や物資の充分な輸送が可能となりました。

ハセガワから発売されている「宗谷」は一次隊仕様から
大型甲板に改修された三次隊仕様まで三種類があります。

第一次観測隊仕様 ドラマ「南極大陸」とのタイアップパッケージです。



第二次隊仕様は今は生産されていないようです。
メーカーのサイトの製品情報にも載っていません。
Amazonで中古品を見つけましたが、プレミアが付いています。
コンディションとしてはほぼ新品とのことですが、9,800円です。
南極観測船 宗谷 第二次仕様
 
第三次隊仕様はノーマルパッケージのためか、3,230円とお買い得です。





南極観測船 宗谷 プラモデル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。