So-net無料ブログ作成
天文学 ブログトップ

最も地球に似た惑星 [天文学]

地球から36光年離れた場所で、これまで確認された中では
最も地球に似た太陽系外惑星が
発見されたそうです。

この惑星の質量は地球の3.6倍で、中心星(太陽の様な恒星)を
めぐる軌道が、ちょうど表面部に液体の水が存在するのに
適した距離にあるとのことです。

36光年という距離は有名な星や星座に比べれば
格段に近いのですが、
人類がそこまで行くことはかなり難しいですね。

自ら光を発することが無い惑星ですから、
望遠鏡で見ることもできません。

それでもこういう話題に接すると、
たまには夜空をゆっくり眺めたくなります。

天体望遠鏡など天体観測関連グッズを検索してみました。
            ↓


星座早見表を片手に望遠鏡を覗くもよし、
家庭用プラネタリウムで満天の星空を楽しむもよし。
秋の夜長をゆっくり楽しましょう!

天文学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。